INTERVIEWトガったモンスター

Concierge新築コンシェルジュ

古畑 将志

MASASHI FURUHATA

お客様にとって家づくりという
人生のターニングポイントに
関われることが嬉しい。

2016年 中途入社
新築コンシェルジュ
よろずや
照れ屋
童顔
サンプロネーム:レモン

Q.建築業界に入ったきっかけは?

東京の大学へ進学して3年生になり就職活動を始めた頃、自分がどんな仕事をしたいのか考えるようになりました。
建築業界に興味が湧いたのは、自分が死んでも何かカタチに残るものを仕事にしたいと思ったからです。
「ものをつくる」ことをしようと決め、建築業界に入りました。

Q.Uターンの決め手は何ですか?

大学卒業後はじめて就職した東京の会社は、テナントや商業施設を手がける設計施工会社でした。
そこで僕は営業として全国を飛び回っていました。
めちゃくちゃハードでしたが、店舗ごとにデザインも多種多様、趣向を凝らした店舗を手掛けられることにやりがいを感じていました。
ただ、元々、30代前半には地元に帰るつもりだったので結婚を機に長野県に戻ってきました。
それと、これまでのキャリアを活かした仕事をしたいと県内の求人を探していたときに、
地元に特化しデザインに力を入れているサンプロに出会い、入社を決めたことも大きな決め手です。

古畑 将志
Q.家づくりで大切にしていることは?

前職では企業とのやり取りがほどんどでしたが、今は新築ブランドのコンシェルジュとして、
家づくりをしたいと相談に来てくださるお客さまと一から家をつくりあげることは今までとは違った楽しみがあります。
せっかくの家づくりなので気になること、不安に思うことを相談してもらえる環境づくりを大切にし、
親しみやすく話しやすいと思ってもらえるように心がけています。
今後は建築士の資格を取って、さらにお客さまに提案する幅を広げたいと思っています。
昔から「やなわら」という言葉を座右の銘にしていますが、「嫌なことがあっても笑って過ごしたい」。
これからもサンプロらしい家づくりを僕らしく、自分もみんなも笑顔になれるようにやっていきたいです。

MONSTER'S PROFILE

古畑 将志

古畑 将志(ふるはた まさし)

コンシェルジュ

入社:2016年中途
出身:長野県塩尻市
好きなもの:レモンサワー
趣味:サッカー、漫画

東京の設計施工会社でテナントや商業施設の営業を経験。
そのスキルとやわらかい物腰を活かし、
サンプロでは新築のコンシェルジュへ。
お客様が快適に過ごせる住宅をサポートする。