INTERVIEWトガったモンスター

Carpenter大工

伊藤 辰徳

TATSUNORI ITO

お客様に一番近い
存在でいたい。

2017年 中途入社
社員大工
木材スペシャリスト
手刻み
サウスポー
サンプロネーム:サバイバー

Q.建築業界に入ったきっかけは?

僕の家系はみんな建築関係の職人たち。みんなが集まれば家が建ちます。
だから小さい頃から当たり前のように大工になるって思っていました。
大学進学よりもとにかく早く大工になりたくて、高校卒業後に宮大工として働き始めました。
仕事は長野県内の神社仏閣の建築や補修、鳥居もつくったりしていましたが、建築を違う観点で見るために宮大工は10年でやめると決め、
東京の建築会社へ転職して3年間関東圏全域の店舗工事の施工管理として働いていました。

Q.大工として家をつくるとき心がけていることは?

一番大切にしていることはお客さまに一番近い存在でいること。
家をつくる上で素材もつくり方も知っている僕たち。例えば、家が出来上がったら見えない下地部分にも気を遣います。
壁紙を貼ったら見えないからいいやではなく、
家づくりをお任せしてくれたお客さまの大切な家だからこそ見えない部分もきちんと仕上げるのは当たり前。
木くずや細かい削り粉などもきれいに拭き取ります。

伊藤 辰徳
Q .サンプロで働くみんなの印象は?

まず最初に思ったことは、スタッフがみんな「ありがとう」を素直に言えるということです。
それととても一所懸命に家づくりの仕事をしている。
そんなみんなとの家づくりだから、工場生産で加工された木材だけでなく、
自分たちも手をかけて木材を取り扱う、高い技術を持った手刻み大工になりたいです。

MONSTER'S PROFILE

伊藤 辰徳

伊藤 辰徳(いとう たつのり)

大工

入社:2017年中途
出身 長野県長野市
好きなもの お酒
趣味 料理、絵画、旅行

高校卒業後、地元の宮大工として就職。
その後、より建築の経験を積むため東京の建築会社で施工管理を担う。
現在はサンプロで社員大工として活躍。
高い技術力と柔軟な対応が定評。