INTERVIEWトガったモンスター

Designerデザイナー

重田 和輝

KAZUKI SHIGETA

余計なものを削ぎ落とし、
オシャレでセンスのあるデザインに。
自分のプライドをかけたデザインで
様々な問題を解決したいから。

2017年 新卒入社
グラフィックデザイナー
プランナー
ゲーマー
インドア
サンプロネーム:マメ男

Q.デザインを始めたきっかけは?

子供の頃から、絵を描くのが好きで、
趣味レベルですが、色んなテイストのイラストを描いていました。
高校生のときには、友人の出すCDジャケットのイラストを頼まれて描いたら、これがすごく好評で。
他のバンドのジャケットや、ライブのフライヤーを頼まれるようになって。
そこから、商業的なイラストやデザインに興味を持つようになりました。
その後、専門学校に入って、デザインとグラフィックソフトの使い方を基礎から学び直して、
学校でも、学校以外でも、色々なものを作らせて頂きました。

Q.サンプロに入ったきっかけは?

チラシに出ていた「デザイナー募集」に興味を持ち応募をしました。
サンプロはホームページやチラシがシンプルで格好良くて。
余計なものを削ぎ落としたオシャレさを感じました。センスがいいな、と。
面接では色々な方とお話をさせて頂き、ご縁があり入社しました。

重田 和輝
Q.入社後、デザイナーとして働いてみた感想は?

一言で言うとみなさんハンパないです。言葉が汚くてすみません 。(笑)
学生時代のように比較的自由に作れるジャケットと全然違って、会社として、サンプロとして世の中に発信するものなので、
山ほど制約がある中でもあれだけのことができるというのがまずは衝撃でした。
先輩方はとにかく引き出しが多くて、デザイン上の問題解決方法がいくらでも出てくる。
教え方も感覚的じゃなく、ここが〇〇だから〇〇して、とロジカルで的確で。
毎日すごく勉強になります。

Q.サンプロはどんな会社ですか?

トガっている人がすごく多いです。自分の分野なら誰にも負けないっていうスペシャリストな方が多い会社。
ときにはぶつかったりすることもありますが、ガチッと噛み合ったらすごい。
あとは誠意がある会社だなと思います。「真面目」ともちょっと違うんですが、
いいものを作る自分にプライドを持っている感じです。
まだまだ自分に任せてもらえることは少ないですが、ちゃんとプライド持って、これからも頑張りたいです。

MONSTER'S PROFILE

重田 和輝

重田 和輝(しげた かずき)

デザイナー

入社:2017年新卒
出身:神奈川県横浜市
好きなもの:ゲーム
趣味:絵を書く、会社の加湿器の水補充、あだ名をつける

専門学校ではグラフィックデザインを専攻。
現在はグラフィックデザイナー兼プランナーとして
広告やPOPなど販促物の制作、
イベントの企画運営などを担当している。
第47回信毎広告賞を受賞