INTERVIEWトガったモンスター

Foreman施工管理

山口 大

DAI YAMAGUCHI

カントクが自分で雰囲気作らないと、
いいものは作れない。

2007年 中途入社
現場監督
司令塔
チーム力
優男
サンプロネーム:パクチー

Q.建築業界に入ったきっかけは?

私は父が大工、父の兄弟も大工と、子供のころから家づくりの現場がすごく身近にありました。
現場に連れていってもらっては、「おう、来たな小僧」と可愛がってもらっていたのが嬉しくて。
自分も建築の道に進むんだと、当たり前に決めていました。
東京の専門学校で、住宅の設計、施工、加工技術など、一通りのことを学んだ後、地元の工務店へ就職。
初めて就いた仕事は大工でしたね。色々なことを覚えて、技術が身についていく。毎日が楽しかったです。
大工を1年くらいやった後は、他の大工さんや職人さんを束ねて現場を進める、施工管理の仕事に就くことに。
大変なこともありますが、喜びも多い楽しい仕事です。
「カントクが自分で雰囲気作らないと、いいものは作れない。」これは父が教えてくれたことですが、今では私のモットーになっています。

Q.施工管理をするとき、心がけていることは?

サンプロの家づくりに携わる職人さんは、それぞれが一流のプロフェッショナル。
そして、とにかくクセが強い。10人いれば9人はクセものです。(笑)
でもそんなクセものを束ねて、いい家を作るのが施工管理の仕事。
私が大切にしていることは「楽な道」と「辛くて面倒な道」の分岐点にいると気付いた時、
「いや、これやるぞ!」と自分を奮い立たせて「辛くて面倒な道」を選ぶこと。
うるさいぐらいに細かな指示を出しますし、間違いがあれば当然やり直しをさせます。
そのとき、必要なことは、相手をプロとしてリスペクトして、感謝を伝えて、必ずひと笑いをとること。(笑)
やっていることが正しくても、ギスギスしたり、ツンケンしていてはダメで。
現場がチームになって動くから、結果いいものができあがるんです。

山口 大
Q.サンプロで働くみんなの印象は?

サンプロのことは、仕事を請けたことがあったのでよく知っていました。将来性がある会社だなと。
先にサンプロへ転職していた元同僚から、「ウチに来なよ。楽しいよ」って誘われたのがきっかけですが、
本当に転職してからは楽しんでいます。周りの仲間も、「やらされている」んじゃなくて仕事を楽しんでる人が多いかな。
やっぱり、楽しくなかったら仕事は続けられないよね。(笑)

Q.これから就職・転職を考えている方へ

これまで何百件の現場を担当してきましたが、同じ現場は絶対に無い。
大げさに聞こえるかもしれないけど、本当に1軒ごとにドラマがあって、
自分の仕事にすごく感謝してもらえる、嬉しい仕事です。
是非私たちと、一緒に良い家をつくっていきましょう!

MONSTER'S PROFILE

山口 大

山口 大(やまぐち だい)

施工管理

入社:2007年中途
出身:長野県松本市
好きなもの:嗜好性のある生活に不必要な車
趣味:地歌舞伎鑑賞、ヒューマン映画鑑賞

地工の工務店で大工や施工管理を経て
2007年、サンプロへ入社。
やわらかい物腰ながら癖の強い職人もしっかりと束ね、
団結力のある現場をつくりあげていく。