History沿革

大自然に抱かれ、自然の優しさも厳しさも知る気高い土地・信州。
この地に根を張る株式会社サンプロでは、「デザインとは、ヒトを幸せにすること」の志を持って多くの社員たちが働いている。
1996年。
株式会社サンプロの前進である内装仕上げ事業のサンプロジェクトはこの年、たった8畳の小さな事務所から歩みを始める。
社長である青栁弘昭は創業当時から常に熱心に本を読み、多くの先人に話を聞き、誰よりも深い敬意を込めて頭を下げながら、「技術を持ったサービス業」というサンプロの在り方を形づくってきた。
2000年に法人化したサンプロジェクトは、2002年に松本市笹賀に本店を移し、リフォーム会社「株式会社サンプロ」となる。

何かあれば社員全員で問題解決に車を走らせるこの小さな会社は「より多くの笑顔を生み出すために」と、2005年に新築事業、2006年に不動産取引事業を開始し、規模を拡大。

現在の「信州のくらしをデザインする」という志を可能にする基盤を固めた。このとき社員を突き動かしていた想いは「目の前の人に幸せを感じて欲しい」という一念のみ。

会社が小さい頃、熱の込もった一通の手紙だけで古民家再生という大きな志を任せてもらったこともある。
そんな熱意に技術が追いつくよう努力し、さらに多くの人材が加わることで、サンプロは自分たちにしか生み出せない志事ができるようになってきたのだ。

2017年、サンプロは「信州のくらしをデザインする」をスローガンに掲げる。「技術をもったサービス業」という根幹はそのままに、新たな使命に挑戦できるブランドとしての扉を開いた。まずは全力で自分たちが楽しみ、高め合う。

そうやってサンプロはこの会社の原点として歴史に誇りをもち、この土地を代表する企業として挑戦を続けていく。

沿革

1996年(平成8年) 6月1日 松本市に於いてサンプロジェクト設立
内装仕上げ工事を中心に手がける
2000年(平成12年) 1月21日 株式会社へ法人化
商号を「株式会社サンプロジェクト」とする
2002年(平成14年) 2月11日 松本市中央4丁目から松本市笹賀へ本店移転
商号を「株式会社サンプロ」へ変更
本格的にリフォーム事業を始動
2003年(平成15年) 9月4日 建築業許可 取得
2004年(平成16年) 6月11日 建築士事務所登録
商号をサンプロ設計デザイン事務所(2級)とする
2005年(平成17年) 7月1日 新築事業部を発足
2006年(平成18年) 3月15日 宅地建物取引事業許可 取得
不動産取引を開始
2006年(平成18年) 10月1日 松本市笹賀から塩尻市広丘吉田662-9へ本店移転
ショールームをオープンし、リフォーム・新築・不動産の総合プロデュースを展開
2013年(平成25年) 10月17日 サンプロ不動産を分社化
商号を「サンプロ不動産株式会社」とする
2013年(平成25年) 11月1日 サンプロ不動産を松本市村井町南4-1-4へ移転
2014年(平成26年) 5月1日 株式会社サンプロの松本店を松本市村井町南4-1-4へ開設
ショールームをオープンし、水廻りショールーム・不動産情報を取り扱う
2015年(平成27年) 5月1日 新築住宅ブランド「ライフィットハウス」をスタート
2015年(平成27年) 8月8日 株式会社サンプロ長野店を長野市若里2-4-1へ開設
ショールームをオープンし、新築・リフォームを取り扱う
2017年(平成29年) 7月1日 長野市中御所、長野住宅公園展示場内にモデルハウス「グラン・シフ」をオープン
2017年(平成29年) 9月1日 「信州のくらしをデザインする」をスローガンにリブランディングを行う。
企業ミッション、ロゴ、ショールーム、ロードサインなどを刷新
2018年(平成30年) 6月1日 分譲住宅ブランド「フリクラフト」をスタート
2018年(平成30年) 10月1日 Jリーグ松本山雅FCのホームスタジアムである「長野県松本平広域公園総合球技場(アルウィン)」の名称が「サンプロアルウィン」に
2020年(令和2年) 2月13日 上田市上田, SBC上田ハウジングパーク内にショールーム兼モデルハウス「グラン・ミュゼ」をオープン
2020年(令和2年) 5月9日 長野市若里から長野市西尾張部へ長野ショールームを移転
会社概要代表メッセージ企業理念沿革CSRコンプライアンス個人情報保護方針公式SNS紹介