CSR 社会貢献活動

  • HOME
  • CSR 社会貢献活動

サンプロアルウィン

サンプロは、長野県の松本平広域公園内にある総合球技場のネーミングライツ(命名権)を取得。これにより、平成30年(2018)10月1日より長野県松本平広域公園総合球技場の愛称を「サンプロアルウィン」と命名いたしました。

私共は、「アルウィン」のブランドが、これまで長野県民の皆さま、特に「アルウィン」をホームスタジアムとする松本山雅FC様とそのサポーターの皆さまが注がれてきた愛情と、積み重ねられた歴史によって成り立っていることを十二分に理解しております。

今後、松本山雅FC様は勿論、山雅サポーターの皆さまへも最大限の敬意を払いながら、ネーミングライツの運用にあたりますことをお約束いたします。ネーミングライツという仕組みを通じ、長野県の大きな財産である「アルウィン」をご支援させていただけるということは弊社にとって大きな誇りであります。同時に大きな責任も感じています。この仕組みを通じて、「アルウィン」の環境が向上し、更に県民の皆さまから愛される存在となっていくことを願っています。

©松本山雅FC

サンプロマルシェ

信州の魅力を伝えるイベントで笑顔あふれるくらしを

信州で活躍するつくり手にこだわり、美味しいもの、素敵なもの、楽しいことを集めたサンプロマルシェ。
豊かなくらしとの出会いをつなぎます。(年2回開催)
私たちは地元信州にこだわり、信州のくらしが、より素敵で楽しいものになるコトやモノを発信し、信州の素晴らしい魅力を伝えていきます。



こども工務店

こども工務店とは

未来を担うこどもたちへ
世の中のカタチが著しい変化を遂げる現在、こどもたちを取り巻く環境はさまざまに変化しています。特に働くことや職業に対する理解が十分に形成されていないことは非常に問題視されています。
サンプロは、こどもたちが将来について夢やあこがれを抱けるよう、モノづくり体験の場「こども工務店®」を開催しています。
「こども工務店®」という楽しく建築を学ぶことの出来る”職業体験の場”を提供することで、こどもたちのキャリア育成の一助となれば幸いです。
こどもたちのより良い未来のために。
そして、これからもモノづくりへの「わくわく」がひろがっていきますように。

木と触れ合う・モノづくりの体験を!

建築に関する様々な職業体験の場として様々なイベントにも参加しています。
「SBC こどもフェスタ」「NBS こども祭り・夢街道フェスタ」などの職業体験のイベントや、自社で年に2 回開催する「サンプロマルシェ」にも出展をしています。
こどもたちの笑顔・発見・驚きが、わたしたちの原動力です。

被災地支援活動

令和元年台風19号災害・熊本地震・東日本大震災により、被災された皆さまおよび、その関係者の皆さまには
改めまして心よりお見舞い申し上げます。

熊本地震

4月14日以降の一連の熊本地震により、甚大な被害を及ぼし尊い命が失われました。
犠牲になられた方々のご冥福を謹んで哀悼の意を表しますとともに、
被災されたすべての方に心からお見舞い申し上げます。
サンプロでは、少しでも被災地の方々の力になればとの想いから
被災地支援活動として、くまモン オリジナルTシャツ・タオルを作成しました。
このTシャツ・タオルの販売で得られた収益金を、被災された方々へ全額寄付しています。
この活動を通して、一人でも多くの方々へにご賛同、ご協力いただくことで
少しでも多くの支援に繋がればと願っています。

東日本大震災

被災地で復興に励む建設業者に3月28日、
ブルーシート150枚、土嚢袋2000枚を支援物資として送り、また、株式会社サンプロとサンプロ安全協力会により義援金として130万円を日本赤十字社へ寄託しました。

4月1日~5月31日の期間に、ご成約いただいた請負金額のうち一部の80万円を義援金とさせていただきました。

9月10日、11日の2日間で株式会社サンプロとサンプロ安全協力会により
被災地支援チャリティーバザーを開催しました。
当日は、趣旨にご賛同いただきました地域の皆さまの多大なるご協力により、
大変多くのお客さまにお越しいただきました。

来場者数/1,301人(2日間)
売上金/1,057,085円
※募金箱、皆さまからのお志を含んでいます。

サンプロでは、オリジナルTシャツ・タオルを作成しました。
このTシャツ、タオルの販売で得られた売上金は、義援金や支援物資として全額寄付しています。
Tシャツ・タオルは雑貨SHOPで取り扱っています。この活動を通して、一人でも多くの方々にご賛同、ご協力いただくことで、少しでも多くの支援につながればと願っています。
ご協力よろしくお願いいたします。

松本山雅FCスポンサー

©松本山雅FC

株式会社サンプロは、2018 年度シーズンより、松本市をホームとする J2 に在籍するサッカーチーム「松本山雅 FC」のシルバースポンサーとなりました。地域に根ざしたスポーツクラブを目指す松本山雅 FC の理念に共感し、松本山雅FC を愛するサポーターの皆様とともに、地域の発展に貢献してまいります。

おひさま基金

お客様選択型 社会貢献活動「おひさま基金」について

サンプロおひさま基金とは、サンプロでご契約を頂いたお客様が、それぞれ選択した各支援団体へ契約金額の一部を贈ることができる「お客様選択型社会貢献活動」です。
基金名の由来は、企業名サンプ口の「サン」が「太陽」に由来するところからきており、会社理念である「地球が豊かである理由に太陽の存在があるように、人の心の豊かさを提供できる企業として、地域社会に安全と信頼を持って貢献する企業であり続ける」という誓いも込められています。
この基金を通じて、お客様の善意と地元支援団体との橋渡しができれば、幸いに存じます。

©平成29年おひさま基金目録贈呈式の様子

おひさま基金の実績

2017年下半期 1,894,291円

助成団体 件数 金額
すくすく子育てファミリー 110件 314,287円
ママの働き方応援隊 121件 345,715円
食育体験教室・コラボ 94件 268,572円
ほっとくらぶ 135件 385,715円
フリースクール歩む 98件 280,001円
麦っ子広場 105件 300,001円
663件 1,894,291円
2017年上半期 1,463,806円

助成団体 件数 金額
18っこのわ 110件 271,532円
KUMOI 93件 229,568円
親子はねやすめ 101件 249,316円
てくてく 95件 234,505円
サマライズ・センター 90件 222,163円
e-MADO 104件 256,722円
593件 1,463,806円
2016年下半期 1,388,079円

助成団体 件数 金額
ホットライン信州 104件 246,869円
スペシャルオリンピックス 52件 138,434円
フリーキッズヴィレッジ 42件 133,735円
伊那谷親子リフレッシュプロジェクト 96件 227,110円
ほっとくらぶ 142件 340,725円
グランドリッシュ 126件 301,206円
562件 1,388,079円
2016年上半期 1,460,986円

助成団体 件数 金額
そらいろのたね 92件 248,134円
子供劇場おやこ劇場協議会 61件 180,965円
CAPながの 80件 217,265円
親子はねやすめ 198件 403,072円
長野県チャイルドライン推進協議会 74件 217,422円
山の遊び舎はらぺこ 77件 194,128円
582件 1,460,986円
2015年下半期 1,150,144円

助成団体 件数 金額
サマライズ・センター 126件 256,806円
ACT 88件 174,029円
腹話術友の会 153件 305,733円
あづみの国際化ネットワーク 26件 60,594円
スペシャルオリンピックス 43件 88,283円
夢トライ 128件 264,699円
564件 1,150,144円
2015年上半期 1,500,673円

助成団体 件数 金額
まつもと子ども留学基金 244件 512,620円
わおん 71件 150,946円
山岳ガイドやまたみ 69件 143,777円
すわ子ども文化ステーション 125件 262,193円
CAPしなの 73件 149,315円
KUMOI 133件 281,822円
715件 1,500,673円